2013年10月25日

繋がる旅−(旧白滝村)上支湧別へ

南富良野から遠軽町の上支湧別に移った、Indian Canoe Craft &Outrider。カヌーとパドル、そして犬ぞり。
ご縁があって先日お邪魔してきました。

1377531_561468157236186_1645469207_n[2]
場所は、昔の小学校跡。木造の体育館があるなんとも懐かしい感じのする場所です。
カヌービルダーとしても犬ぞりマッシャーとしても有名な村林さんを訪ねる旅。そして上支湧別に住む気になる人々に会う旅でした。
4S4A9060_thumb1
大人も子どもも三々五々集まり、持ち寄った料理を食べ、カヌーの話、自然の話、子どもの話、上支湧別の話。P1040316_thumb1

P1040318_thumbP1040325_thumb

027_thumb1
あたたかいゲルの中でも話は続き・・・。夜は更けていきました。
上支湧別に住む気になる人々。
カヌービルダー村林秀尚さん一家。
おいしいじゃがいもを作る若き新規就農者江面ファーム一家。
小学校の隣、旧支湧別中学校跡のパン屋さんの、fu-sora1374129_561468180569517_478441864_n_

そしてご両親がこの地で新規就農をして現在も酪農をやっている岡田ファーム。私の町にもすんでいた娘さんのもも子さんと白滝で再会。
村林さんの周り集まった上支湧別の人々は、この土地の厳しさを受け入れて新しい暮らしを築いています。
--------------
なんとも懐かしい体育館のゲルの中でぐっすりと眠った翌日もシトシトと雨の降る朝でした。
この日はここからオホーツクへ。
たどり着いたコムケ湖のほとりに立つ「三室番屋」も、懐かしい気持ちにさせる建物でした。
032_thumb4S4A9140_thumb1
042_thumb1
ここで、湧別アウドドアクラブ「YU−PAL」の絹張さんに会いました。
そして、みんなでさんご草の美しい色を眺めながらのショートツーリングを楽しみました。
P1040341_thumb1
もちろん絵になるウッドアンドキャンバスも一緒です。
P1040355_thumb1
なんだかとても良い時間を持てました。絹張さんどうもありがとうございました。
DSCN8820_thumb1

会いたい人に会い、話をして、自然に溶け込むことができた、素晴らしい2日間でした。

posted by kenji&kenjiの姫 at 20:19| 北海道 ☔| Comment(0) | 外遊びの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

2013秋の釧路川−湿原と源流と

恒例となった10月初めの釧路川。今年は、早朝の湿原と源流を下るがテーマでした。
金曜日深夜、湿原に向けて出発。朝5時30分には水の上にいなければいけません。
眠い・・・が・・・。
スタート地点のここ。コッタロに行く途中の、スガワラ。ん?!
DSCN8341
早朝の川は、霧が立ってもわ〜ん。寒いな。

P1040225
IMG_6456
コロちゃん。何か見えるのかい?
IMG_6447
湿原にはタンチョウの親子。樹の上にはオオワシ。
エゾシカもこちらをじっと見ている。
ほんとに静かな流れをのんびりゆったり。
良い朝でした。
-----------------------------------------------------------------------------
一日おいて(中日はマラソンでした。)月曜日は、源流へ。
前夜から加わったB氏とともに、この日も早朝の川へ。
なんだかめずらしくあたたかい朝で、川霧もほどほど。
でも、早朝ならではの静かなひと時でした。
DSCN8400
DSC00065

そして朝ごはんのあと、もう一回。キラキラ光る水面が美しい秋の釧路川源流でした。P1040262DSC00077
P1040266
初釧路川のB氏曰く。「早朝、朝霧の中の源流部は未経験者だったころに思い描いていた川でした。」そうです。
釧路川ってやっぱりいいですよね。カナディアンカヌーが似合う川だと思います。

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:59| 北海道 ☔| Comment(2) | カヌー 釧路川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

川から湖へ〜空知川山畔から金山湖まで

ざぶざぶと大きな波がある川がモンゴルの草原のような景色に変わり、そして湖に流れが入り込む区間のツーリング。題して「空知川モンゴルツアー」です。
秋空が広がる良い天気で、大勢の参加者もうれしそう。
最初のサブザブ区間は、コロちゃん同行につき極力水を汲まないように慎重に。
波に大きく乗ってる他の艇を横目でみながら私たちはいわばチキンルートを行く。こんな時もあっていいでしょう。
IMGP4148
コロちゃんもちゃんと立ち位置は心得ています。この日は、久しぶりのチャールズリバーで。
IMGP4216
IMGP4297-MOTION
ハラハラ区間が過ぎて少しのんびり。
P1040199
モンゴルの草原みたい?
P1040197
ゆらゆらと漕いでいくと、湖へ。
久しぶりの金山湖でした。
P1040211
湖ではコロちゃん、バウワン定着。くんくんといつもと違う水の匂いを嗅いでいました。
1回で3度おいしいダウンリバーツアーでした。
IMGP4046-MOTION
そろそろ北海道のカヌーシーズンも終盤ですね。

posted by kenji&kenjiの姫 at 20:10| 北海道 ☔| Comment(0) | カヌー 空知川&シーソラプチ川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

祝!ヌビナイ&歴舟本流ソロ制覇

9月のクラブの例会は、ほぼ恒例の歴舟川です。しかも、ヌビナイと本流坂下〜キャンプ場。
7月8月と中の川〜キャンプ場〜大樹橋〜河口と下ってきて、9月は残りの2本。これで歴舟3本完漕です。
ちょっと不安もあったけどソロで行ってみよう〜。
IMGP4457

P9140174

少し前の大雨で一度は上がった水位がこれでもかという具合に下がり、見たこともない数値で迎えた当日の朝。スタート地点に向かってみると、あら案外水ありそう。ポツポツ降ってる雨がほどよい感じにしてくれたようです。
1日目のヌビナイは気の抜けない瀬〜落込み〜瀬の連続。
最初はドキドキ不安だったけれど、だんだんその繰り返しが心地よくキャッホーな感じ。
クラブのI山さんが撮影した動画です。(少し長いですが)
70代、60代、50代、40代、30代と各年代がこんなに真剣に遊んでるのってなかなかいいと思う。
こんなにザブンザブンのところだけれど、案外ソロの方が操作がしやすかったりする事を発見。
ヌビナイ最高〜!!

---------夜は、当然ワイワイカヌー談義&more・・・。
DSCN8069DSCN8072

翌日曜日。3連休中日。相変わらず天気予報はパッとせず。一日雨らしい。

DSCN8191
雨降り覚悟のスタートだったが、案外快適に下り、お昼を食べていたら、来た!雷ゴロゴロと時折前が見えないほどの雨。大変だ〜。逃げろ〜。歴舟の鉄砲水は怖いんだ。
と、大急ぎながら本流満喫。
こちらの動画はクラブのYさん撮影です。

2日ともみんな全力で遊んでいます。
ゴールの後も雨は降り続き、最終日もひどいらしい・・・ので、やむなく一日短縮して帰宅。
でも、思う存分歴舟満喫。
祝!ヌビナイ&歴舟本流制覇!やったぞ!

posted by kenji&kenjiの姫 at 20:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー 歴舟川&中の川&ヌビナイ川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

清流尻別川を下る晴天の秋の一日

クラブのミニ例会に急遽合流で、日曜日は尻別川の上の方のもっと上。いつもの上流編よりもっと上の境橋からスタート。P9080272

で、びっくりした。水がきれい。
たしか清流日本一に何度もなったことがある尻別川だけれど、今まではそんなにきれいじゃないよなあと思ってた。でもここから下りると透明度抜群。お天気もよくてお日様に水がキラキラ。

2013-09-08 004

もっと天気が悪いのを想定していたのに、良いほうに変わってなんとも良い川下り日和でした。

IMGP4396
IMGP4398
カヌーナビのお二人も楽しそうに下っていました。良かった、良かった。
P9080046

P1030944
予定していたラフトコースはまた今度ね。

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー 尻別川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする