2014年11月13日

ダム工事が進む額平川

雪が降る前の週末今年3回目の額平川に行ってきました。工事は順調に進んでいるようです。がっくしり・・・。

晩秋の額平川〜沈んでしまう前に

平取ダムは、何のために作るんだったっけ?と何度も考えながら下ってきました。のんびり焚き火ができる良い景色の川なのになあ。
平取ダムの取り組みについて 
橋の付け替え作業は、こんなに進んでいました。
P1060330
川下りするにはとってもいいところなのになあ。
DSCN1592

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:37| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

動と静〜沙流川と静かな沼へ

連休の中日は、クラブの例会で沙流川へ。空は真っ青。木々の刃は黄色や赤に色づいて、すばらしい紅葉狩り日和。水が少ない事くらいは我慢しなくてはね。

 IMGP3025-1

IMGP3026
何度もいや〜きれいだねとため息をつきながらのダウンリバーでした。
DSCN1330
こんなところは迷わずポーテージですが・・。
--------------------------
そして、今日は・・・。
がらりと変わって静かな沼へ。
ご近所さんのピカピカの新艇キャンパー進水式です。
おやつを持ってカヌーピクニック。小さな子どもたちもうれしそうでした。

DSCN1396DSCN1397

動きのあるカヌーと静かなカヌー。
どちらもいいね。

この夏、釧路湿原でカヌーに乗ったのがきっかけで、ここまで来ちゃいましたよ。その大元になった写真がこれです。
とうろの宿のきよしさんが写してくれました。
10615851_671255572958295_390117494_n
Wさん一家に楽しいカヌーライフがやってきますように。

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:46| 北海道 ☔| Comment(2) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

額平川その後−10月20日

今年は春と夏に下った沙流川の支流、額平川。
夏に行ったときにいきなり工事現場が現れて驚いた景色のその後はどうなったのか?
クラブの例会で沙流川とセットの額平川は去年と同じ。
違うのは天気がどんより。水が濁っている。けれど、それは自然の変化なので、しょうがない。晴れの日があれば曇の日もあるわけで。
003
それでも今年最後の例会に集まったのは、27名。今年一番の人気。
2013-10-20 003
PA200674
この川は近いうちに下れなくなる川だから、景色を堪能しつつ水の感触を楽しみつつ。

夏に橋の架け替え工事が大規模に始まっていたところは、またしても景色が変わるほどの工事の進み具合でした。そして大事な場所は、ダムの本体関連工事が進んでいました。
IMGP4999
こんな景色は似合わないなあ(写真は、ヒデさん提供)
077
この川はもうすぐ下れなくなるわけで。
なんともはや。来年の春にはまだ行けるのかなあ。工事の進み具合がひたすら気になるのです。
もったいない。
沙流川総合開発事業の内平取ダム堤体基礎掘削工事
始まるようです。

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:15| 北海道 ☔| Comment(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

額平川に集う

今年の夏も本州から新鮮な風がやってきた。Kevipaさんとミエさん。それにルークとクレア、今年はマービーも加わって。
近い将来下ることができなくなる川・・・額平川を旧知のメンバーで下ってきました。
IMGP2282-MOTION
前日の雨で水は濁っていて、天気もどんより〜でムシムシ暑い日でした。一年ぶりの再会だけれど、カヌーに乗ればあっという間にその隙間は埋まります。
DSCN4324

DSCN4269
マービー、この川はどう?クレアちゃんも初めての川に興味深々。
ルークも一緒に下っています。みんな一緒だよ。
P1030443
少し下ったところで、いきなりの工事現場。橋の架け替えの為に大規模な工事が真っ盛り。川の周りは真っ裸にされてしまった感じ。
いつかここは、平取ダムの下になってしまいます。こんなに進んでいるとは思っていなくてショックだった。

DSCN4326
ちょうどダムがかかる付近でお昼休憩にしたときは、ひどい雨。冷たい雨ではなかったので、あまり気にならなかったけれど、きっとダム工事に怒ってる神様の仕業だね。
P1030450
ほら、この奥には神様がいると思うんだよね。
IMGP2865
のんびりと下る素敵な川。この景色がいつまでも続いて欲しいな。
DSCN4356
5時間くらいはたっぷりかかるロングコース。最後の方は青空も見えて河原で休憩も心地よい。
IMGP2922
IMGP3062
工事が始まってみると、この川の上の景色はいつでも見られるものじゃないっていう事が実感となってきた。

また行こう。紅葉の季節に。

posted by kenji&kenjiの姫 at 19:07| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

ファミリーで鵡川

雪解けの増水時期に下った鵡川の下流部に、今度はファミリーででかけました。奥さんもお子さんも、お友だちも、初めての人も、2回目の人も、いつもの人たちも、一緒です。
心配だったのはお天気だけれど、完璧なまでに晴れにしてくれた頑固爺さんに感謝。
IMGP9712-MOTION
みんなでカヌーツアーの始まりです。
DSC01929
P1020644
新艇デビューのBさん。
一月前にカヌーやろうかと思ってるとささやいたものだから、こんなことになってしまいました。
あれよ、あれよ。

DSC01953
かのあのカヌー塾に一度行っただけ。2回目のカヌー経験。いきなり鵡川。しかし、なかなか良い感じです。すぐ慣れるでしょう。
IMGP9809
先週の千歳川に続き、川2回目のhirahiraさん。すっかり落ち着いています。
IMGP9821
IMGP9766
川へはソロばかりだったPOSさん。この日は、奥様とお嬢ちゃんも一緒。前半、おじょうちゃんは頑固爺さんと。これはこれでとっても楽しそうでした。
で、お昼挟んで、家族でカヌー。みんな笑顔で良かった。
DSC02080

DSC02071
いつもは奥様と一緒のfuutaさん。今日はソロで。貫禄です。
P1020664
よっち&めっこさんも楽しそう。
IMGP0044-MOTION
たけさんちは、バウとスターンを交代して。

IMGP9975-MOTION
kenjiは、私のRUN仲間のなえさんと一緒です。なえさんはウォータースポーツ大好き!との事でお誘いしました。
IMGP0084-MOTION
私はコロちゃんと一緒で楽しい〜。
ランチは途中の河原でジンパです。
IMGP9962DSC02038
DSC02018
DSC02002
DSC01979
お天気の良い夏の一日を満喫しました。
企画してくれてサダ吉さん、ありがとう〜。P1020684
ファミリーで鵡川。大成功でした!

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:53| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

ソロソロソロで額平川(ぬかびらがわ)−平取町

6月の初めにたっぷりの水量でザブンザブンと下った額平川。その後、順調に水位が下がってやさしい顔で迎えてくれました。
P1020133
この3人で3艇で下ります。
DSCN1704
適度な瀬です。怖くない。
DSCN1800
お水の透明度も増してきました。
DSC01584
気分良し!
DSCN1752
この景色がダムの底になってしまうなんてなあ〜。
DSCN1725-MOTION

DSCN1971-MOTION

P1020179-MOTION

パラパラ画像3名分。それぞれソロ満喫です。
P1020168

ずっとこれからも残ってて欲しい景色だと思う。

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:00| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

新緑の額平川(ぬかびらがわ)

沙流川の支流、額平川は現在ダム建築工事が始まっています。数年後にはこの渓谷をカヌーで下ることができなくなるとわかっています。去年の秋は紅葉の額平川を楽しんだので、今度は新緑。みどりの季節。
ちょっと曇りがちながら、またこの川を下れるというわくわく感で、スタート前の集合写真もわくわく〜感満載。IMGP8990-MOTION

水たっぷり。ざぶんざぶん。
DSCN1310

IMGP9001
ほどほどにアドレナリンが出る良い按配。
IMGP9089

数日のうちにぐんと緑がまぶしくなってきた。
P1010999
宿主別川との合流点は、数年後ダムの下。
こんな風にのんびりお昼を食べることも出来なくなります。
DSC01296
緑の季節のダウンリバーはちょっとスリルもあっていい感じです。
IMGP9110-PANO
DSC01267-MOTION

距離17キロ、標高差100メートル。快適な流れに乗ってもう少し漕いでいたいと思うほど。
ダムの底に沈む前にまた来よう。
満足した顔が楽しさを物語っていますね。
DSC01405

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:57| 北海道 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

ちゃぷちゃぷな沙流川と鵡川

DSC01147

沙流川も鵡川も春の増水期には私たちには近づくこともできない流れだから漕ぐことなんて・・・と思っていたらそうでもない場所もちゃんとありました。川は上から下まで様々な表情を見せてくれる。
DSCN1177
この方たちの案内で、週末は2つの川を下って来ました。
土曜日は沙流川−振内〜額平川合流前まで。風が強くてちょっと大変だったけど。
IMGP8685

そして日曜日は、鵡川−富内橋〜穂別橋まで。こちらはポカポカ陽気で春がやってきた、カヌーの季節だという感じ。
DSC01143
青空と出始めた緑がとてもうれしい。
みんな思い思いに春を満喫しました。
P1010923
IMGP8749IMGP8954
IMGP8783IMGP8793
IMGP8916IMGP8744
案内してくれたサダ吉さんへ、感謝。

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:51| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

カヌーでアイヌネギ採り−当別川

GW前半は悪天候で引きこもり。後半に期待で南の方へ行こうと企んでいたのに、またしても悪天候で断念。
カヌークラブでアイヌネギの採れる当別川へのツアーが企画されていたので乗っかることに。アイヌネギ好きとしては、先日せたなの叔母から送られてきた第一弾が終了してそろそろ第二段行きたいところだったし。
ということで、天気は悪そうだけど、ネギ採りだから、まっ、天気はどうでもいいかと、出発。当別の奥に入っていくほどに残雪多く、スタート場所はこんな感じ。これから川下り?
DSCN1029
寒そうに見えるけど、実はそれほどでもなく、時折射す薄日はやっぱり5月の強さです。
DSCN1037
ネギはどこだ〜。と下ること30分あまり。
目指すネギ畑(笑)に到着しました。急斜面の下のほうは残雪で覆われていて遥か上の方が緑のネギ畑。

P5050432
積み込んできた軽アイゼンを装着。DSCN1047ガシガシと急斜面を上り、目指すアイヌネギを次々と収穫。袋に入れて、また上る。IMGP3426

 

 

 


夢中になると下を見ないのでどんどん上物が光る上の方へ。申年&高い所大好き症で良かった。
登ったら降りるのも一苦労。何しろ急斜面。 レスキュー用のスローロープ活用術です。
IMGP3430
無事滑落することなく下山(?)。
P1010828DSCN1052
今回の目的達成で、全員満足な表情です。早くも来春の攻略についてあれこれ検討事項もあり。
P5050417DSCN1064
川下りと山菜採りと両方楽しんだ一日でした。
この季節の当別川はアイヌネギが採れる−と記録しておきます。

posted by kenji&kenjiの姫 at 15:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

また行ってきちゃったよ〜額平川

とっても印象がよかったので再訪。今度はカヌーナビのメンバーと。先週は所用で行けなかったテムジンさんも同行です。
天気は、イマイチ。曇やら雨マークだったけれど、晴れもあると信じてスタートです。
紅葉は一週間前よりも進んでいましたよ。そして数日前〜前夜の雨の影響で水位は18センチ増。水は透明〜濁った色に変化してました。が、水が増えた分楽しさも増加。
DSCN0303
DSCN0305
DSCN0366
思わず見上げる崖の上。
DSCN0357DSCN0374
テムジンさんは、「大自然のど真ん中にある川で、思い描いていた理想の川の一つ」だったそうな。
P1010307
少し寒くても、大自然の中のツーリングは楽しいものでした。
ゴール近くの大きな栗の木は、むうほとんど実がなくなって、ひとつだけ残っていました。秋もそろそろ終盤ですね。
P1010335

posted by kenji&kenjiの姫 at 23:35| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

秋晴れの額平川をロングツーリング

ウィルダネスカヌークラブの10月例会の週末。日曜日は、平取町の額平川です。ダムの工事が進むと水の中になってしまうかもしれない美しい渓谷を下ってきました。
紅葉の真っ盛りにはちょっと早いけれど、澄み切った空気と美しい流れが日常を忘れさせてくれます。
DSCN0218
クラブのメンバーに加えて、カヌーナビのみんながゲスト参加していて賑やか。 天気予報がこれまたはずれて青空です。
IMGP2470 
この日はソロで、良い天気ときれいな景色に、にんまり。
IMGP7112
IMGP7236
どきどきするような場所もなく、気持ちよい瀬が時々現れるよい感じの流れです。
DSCN0212P1010220
17キロのロングツーリングは、心地よい疲労感を残してくれました。
P1010252
IMGP7259
また来たい川です。ダムの下になってしまわないうちに・・・。

posted by kenji&kenjiの姫 at 23:10| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

Nonbiri 緑の美々川水上ハイキング

青いカヌーのお二人が今年は6月にやってくることになりました。初日に美々川〜の情報キャッチ。速攻集まってくれたカヌーナビのみなさん(ありがとうございます。)と一緒に、のんびり美々川ファミリーカヌー水上ハイキングです。
夫曰く、今日の美々川はベストな日だったと。緑が濃くて雑誌に出ているのと同じ。しかも風がない。暑くなったら虫が出てダメだと。
今日は、幸い蜘蛛の襲撃に会うこともなかったようです。
ということで、お約束の集合写真。
テムジンさんは一家全員でのキャンパーデビュー。良かったね。
IMGP8051
おお、いい感じじゃないですか。
IMGP8065
コロちゃんも座席を一人で使えて心なしか満足げ。
IMGP8089
はい、私、東北に出かけており、先ほど帰宅。本日は、コロちゃんとkenjiのタンデムでした。

若さん、miyukiさん、ようこそベストシーズンの北海道へ。

posted by kenji&kenjiの姫 at 19:40| 北海道 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

美々川でコロちゃん無事川デビュー

いつになったら春が来る。4月に入ってからも毎日雪マークがついている天気予報にいささかうんざりしてきたが、そろそろカヌー&パドルを使わないと・・・。という事で、めずらしく晴れマークになっていた日曜日を狙って美々川下りを予定した。
私たちの心の中では美々川は、4月限定。草が生い茂ってくると色んな虫たちに襲撃されるのです。IMGP4049
残念ながら予報は悪い方はずれ、朝からぼたん雪が降っていたのでスタートは午後から。
それでも雪が残って景色も寒いし、気持ちも寒い。思いきり厚着して、コロちゃんは合羽と毛布持参。ちょっとへんてこりんないでたちですが・・・。
本日カヌーデビューのコロちゃんは、とってもおりこうさんでした。ひたすらくんくんと周りの匂いをかぎ、今まで見たことのない不思議な景色を眺める。
新しい飼い主さんは一体僕をどこへ連れて行くんだろう?

IMGP4052

IMGP4060
hiroさんrinharuさんご夫妻と会うのも久しぶり。IMGP4074
くねくねと曲がる自然のままの美々川と、上空を次々飛び交う飛行機のアンバランスな組み合わせにどっぷり浸かった4月最初の日曜日の川下りでした。

早く色のある景色の春になるといいなあ。

posted by kenji&kenjiの姫 at 20:46| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

素晴らしき紅葉の中で−沙流川

そろそろ北海道のカヌーシーズンも終わりが近づいてきた。もう納会も済ませたカヌークラブだけれど、紅葉と素敵な流れを求めて、こんなに大勢沙流川に集結。
DSC01171
紅葉はとても素晴らしいけど、雨ですよ。しかも向かい風。
でも、そんな事は、漕ぎ出したら気にならない。
初めての沙流川は水量少な目。隠れ岩多数。流れは楽しい。
が・・・始まってすぐに、ドカン!やられた。

大岩に激突!イテッ!   (HWCC I山さん提供)

痛い目にはあったけど、景色は抜群。流れも楽しい。雨は止んで、だんだんと青空も見えてきた。こんな景色はカヌーじゃないと見られない。
IMGP4354
IMGP4230
楽しい瀬もあり。
PA162955

IMGP9230
のんびり紅葉をながめる場所もあり。
沙流川ミニ例会 032
秋の一日楽しい川下りでした。沙流川、気に入ったかも。
--------------
こんなに綺麗な景色の川下りなのに、カメラを忘れるという大失態。みなさんの写真使わせもらいました。I山さん、ヒデさん、サダ吉さん。おおはしさん。マリオさん。ありがとうございます。

posted by kenji&kenjiの姫 at 15:10| 北海道 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

やっぱり増水の天塩川紅葉ツーリング

カヌーナビゲーションの仲間が何組も申し込んでいたので、つい申し込み最終日にFAX送ってしまった。HCCC(北海道カナデァインカヌークラブ)主催の天塩川紅葉ツーリング。
去年の6月の例会で、猛烈に暑い日に増水した天塩川を下って以来。あの時は、水が増えすぎてテッシ(アイヌ語:簗(やな)のこと)もつぶれてしまってた。今度は適度な水量で・・・と願っていたが、結局前日から増水を続けた天塩川。去年とほぼ同じ水量になっていた。しかも、水の色は茶色。あ〜ん。
しかし、天気もいいし、のんびりたらりんと下って紅葉見物と決めこんでのツーリング参加だった。
IMGP2823
見て!チャールズリバー3艇勢ぞろい。

きちんと、Canoaの文字を入れてきたh氏(B氏?)。
IMGP2830
IMGP2838
テムジンさんもこの日の顔には余裕が見られた(ように感じた・笑)

IMGP2852
残念ながら、水の色はごらんの通り。青空と始まったばかりの紅葉が救いの川下りだった。
IMGP7732
ワンちゃんも気持ちよかったんだよね。こんな風に顎の乗せてのんびり。
と、こんな風にのんびりムードが漂っているけれど、案外みんな一生懸命漕いでいるのでボーっとしてたら置いていかれる。
水量が多くて流れが早まったので、ゴールも予定よりも早く到着。
全員で記念撮影をして解散しました。

三連漕1日目のんびりカヌーの報告でした。

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:51| 北海道 ☔| Comment(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

雨の渚滑川

9月のカヌークラブの例会は道北の川へ。天気予報は雨間違いなしの日曜日。早朝から渚滑川へ目指してひたすら走る。雨が時折強く降ったり、止んでみたり。
到着した滝上渓谷公園は、曇り空。このまま持ってくれればいいなと思っていたけれど(お天気の神様も我がカヌークラブには存在しているし、世界の晴れ女もこの例会には参加だし)、スタート準備中に降りだした。ガクッ。
前日からの雨で、またしてもカフェオレ色の川に遠方にも拘らず14名が集まった。
水量多め。カヤック組の遊ぶ場所には不自由しない。
IMGP2562
IMGP3810

途中の河原にこんなのを発見。小熊かな。鹿の足跡と熊の足跡多数。自然がいっぱい。熊さんのフィールドにお邪魔して遊んでいる感じ。
IMGP2564

晴れていればさぞかし気持ちよい渓谷でしょう。と、頭と目にフィルターをかけて周囲を眺める。IMGP8977

IMGP2558

IMGP3842
最後は全身ずぶ濡れになりながらも弱くならなかった雨足に文句も言わずに、こんなに弾けている大人たちです。

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:31| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

美瑛川〜カフェオレ色だったけど

6月のクラブの例会は、忠別川と美瑛川。土曜日の忠別川はどんどん水量が多くなっていたので怖気づいてパス。(これ正解だったな)
今日の美瑛川に参加してきた。

無風で霧が濃い高速を北へ。集合場所で準備をしている雨が降ってきた。晴れ男さんの仕事が悪いな。
水は数日前の増水でほぼカフェオレを薄くした感じ。ホワイトウォーターの中身は、茶色い水だ。沈はしたくない。
IMGP7595
IMGP7605
川のすぐ脇のパークゴルフ場でプレーするみなさんに手を振ってご挨拶。
IMGP7645
ちょっとだけスリリングな美瑛川で良かった。
後半はこんな良い天気になりましたよ。晴れ男さん、仕事しました。
P6120090

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:47| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

余市川で、必死に上る鮭を眺める

紅葉がイマイチなまま10月の下旬に突入。余市川ツアーの日も、ほどほどの天気で寒さは感じない。ドライを着ると暑いくらい。
スタート地点で準備をしていると、なんとSL通過。どうりでカメラマンがいる訳だ。決して私たちと撮りたかったわけじゃない。
IMGP0722
こちらは予期せぬSL登場でカメラが間に合わず、こんな姿のみ。意味ないね〜。後ろにはディーゼル車がくっついていた。
PA240008
 IMGP0732
のんびりと下っていると・・・。
IMGP7186

びっくり!鮭がはねる。最後の力を振り絞って遡上する鮭がたくさん。
IMGP0737 
なぜかパドルを持って鮭を眺めるIさん。
IMGP0736 
最後の姿はこんな風に・・・。それも自然の摂理。
追い風に乗って、鮭を追い回しているとなんだかあっという間に下流へ。
 PA240014
ウライにかかった鮭を助けている・・・??IMGP0747
IMGP0749  
終始追い風、楽チンな川下りで、歴舟についで2回目の川下りだったしんじさんも余裕の表情でした。
この後は、おきまりのK商店で、果物&魚の仕入、そして昼食と晩秋の余市を満喫。
これで今シーズンの川下りは終わり〜とは、ならないようです。

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:35| 北海道 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

青い空〜流れる川〜光る空気−道東の旅1

ハードなスケジュールでも、天気が良くて景色もよければ、そんな事は気にならない。2日間素晴らしい天気に恵まれた。

道東2泊3日の旅は、午前3時に始まった。まだ真っ暗な中を車は東へ。十勝のあたりでお日様が昇ってきた。
IMGP0425行き先は、まだまだ東。お腹がペコペコで朝食はこんなの。
牡蠣祭りの準備中の町に到着。
今日の、川は別寒辺牛川。
流れているような、流れていないような、湿原の川だ。ヒデさんが先日下ってきて、なかなか良かったとの情報で、我が家もまねっこ。

IMGP7104 IMGP7105
まずは、ここ、厚岸水鳥観察館へ。色々説明を聞くと、数日前の雨で上流部は倒木がすごくて、流れも速い。要注意。スタート地点までは16キロ。アップダウンの多い道。自転車は持参しているが・・・大丈夫か?

IMGP7101

熊が出るかもというスタート地点の、別寒辺牛川橋駅は、トイレも設置されている。
そこから流れを見ると・・・速くはない。
じゃ、大丈夫。

IMGP0465

IMGP0466

しんと静まりかえった静かな流れの中をゆっくりと下って・・・。途中、カワセミと遊び。
しばらく行って、Uターン。
そう、16キロを自転車&RUNでは、ちときつすぎる。
漕ぎあがってスタート地点へ。所要時間、下って45分、上がって1時間10分くらい。

カヌーを再び積んで、車で、中間点へ。もう一度舟を出して、ゴールへ。湿原部分は、ぱあ〜っと開けた景色が素晴らしい。
IMGP0480

IMGP0485  
IMGP0497
黄色い幟が目印のカヌーポートに到着。
静かな湿原を下ったのんびりした秋の一日だった。

posted by kenji&kenjiの姫 at 22:54| 北海道 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

悲しい事故−ご冥福をお祈りします。

8月のカヌークラブの例会は、屈足ラフトコースと翌日の十勝川。初日は、ワイルドに楽しんで河原でキャンプ。2日目はのんびりツーリングの予定だった。

例会に集まったメンバーにはこれから始まる川下りとキャンプにわくわくした感じが漂っていた。
IMGP6793

天気も良くて、水量も多く、水のパワーに負けそうになりながら、ラフトコースを楽しんだ。

 


IMGP5074


久々に、「沈」もした。
短いコースの割りに、出来事盛りだくさん。
夏の終わりの一日を楽しんだ。



IMGP6795


みんなのゴールを見守るのんびりした夏の午後。
同じ頃、別な川で大変なことが起こっているとは知るよしもなかった。

 

夕食時間になり、河原でおいしい料理を作り始めた頃、事故のニュースが飛び込んできた。石狩川層雲峡で、川下り中2名が転覆し下流で水死。ベテランの突然の訃報。クラブと交流のある方々だっただけに、メンバーの間には悲しい空気が流れた。

夜になって降り出した涙雨は、朝には止んで、川はもやに包まれていた。
IMGP6804 

どんなにベテランでどんなにレベルが高い技術を持っていても、起こってしまった悲しい事故。先週の、歴舟川での山岳事故と同様、今回の事故を教訓にして、慎重さを失うことなく、楽しいカヌーライフを送ることができるように、心がけていきたいと思う。

亡くなったお2人のご冥福をお祈りします。

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:00| 北海道 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする