2007年02月15日

不都合な真実

この冬は暖冬だという話が毎日テレビなどで繰り返されている。
そして、地球温暖化の話も連日のように繰り返されている。世界中がなんだかおかしい。
私たちの住む北海道も、あまり寒さが厳しくない過ごしやすい冬になっている。
農業が身近な町に住んでいると、この暖冬は過ごしやすくてありがたいという話題にはならず、 いつもと違う冬に夏の天候が心配だという声の方が多い。冬は冬らしく、夏は夏らしくないと、米や野菜に影響が出るのではという事だ。 農業の町は、農作物の出来が悪いと元気が出ないのだ。


不都合な真実

1月の下旬から全国で映画が上映されている、アメリカ元副大統領のアル・ゴア氏による著書「不都合な真実」を読んだ。
驚くべきスピードで進んでいる地球温暖化が目の前に突きつけられて、溜息が出てしまう。
この中に示されている地区別の地球温暖化への寄与率で、米国が1位で30.3%。日本は3.7%だ。
京都議定書が、平成17年年2月16日に発効してから2年。
京都議定書で日本が約束した温室効果ガスマイナス6%を達成するためのアクションプランが「チームマイナス6%」。
宇宙一美しい青い地球を守るために、一人ひとりが少しずつCO2を減らす事を考えなくてはいけない時期なんじゃないのかな。

映画を見るのが一番わかりやすいようなので、関心のあるかたはご覧になってみてはいかがでしょうか。

「AN INCONVENIENT TRUTH」  昨今 CONVENIENT な事ばかりですから。

続きを読む
posted by kenji&kenjiの姫 at 15:47| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 読んだ本や雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

木のいのち 木のこころ「人」

法隆寺の棟梁西岡常一氏の弟子小川三夫さんが設立した「鵤工舎」という宮大工の組織に入って修行をする19人の弟子たちへのインタビューをまとめた本。
ランニング仲間のNAOJIさんの勧めで図書館から借りてきた。

木のいのち 木のこころ<人>

続きを読む
posted by kenji&kenjiの姫 at 07:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本や雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする