2012年01月13日

素晴らしき冬の釧路川−湿原部

ほんわり木々に雪が乗っかったやさしい源流部の翌日は、湿原部へ。
日の出に合わせて漕ぎ出すプランを提案してくれたとうろの宿のきよしさんとおかみに感謝。
キーンと冷え込んだ朝、河畔の木々は真っ白に凍りつき、川からはゆら〜りと川霧が立つ、そんな期待通りの風景の中、パドルを漕ぐのはほとんどお休みのまま、周りの景色に圧倒されたひと時でした。
IMGP3662
IMGP3660
IMGP3681
エゾシカはもちろん、タンチョウも、ハクチョウ、オオワシ、オジロワシも私たちの前に姿を見せてくれました。
自然の素晴らしさを堪能した約2時間。予定よりずいぶんのんびりな川下りでした。
そして朝食の後、今度は宿の主人とおかみも一緒に再び湿原部へ。
今度は、早朝のキーンとした空気とは少し違って、とても穏やかな雄大な冬の湿原の景色を堪能しました。
IMGP7852IMGP7853
IMGP7855
春〜秋の湿原部もいいけれど、冬は格別。
ぜひ、お勧めしたい川下りです。寒さを避けずに、寒さの中でなければ体験できない景色を堪能するのは、とても素晴らしいことだと思いました。

posted by kenji&kenjiの姫 at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー 釧路川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245984552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック