2011年10月23日

素晴らしき紅葉の中で−沙流川

そろそろ北海道のカヌーシーズンも終わりが近づいてきた。もう納会も済ませたカヌークラブだけれど、紅葉と素敵な流れを求めて、こんなに大勢沙流川に集結。
DSC01171
紅葉はとても素晴らしいけど、雨ですよ。しかも向かい風。
でも、そんな事は、漕ぎ出したら気にならない。
初めての沙流川は水量少な目。隠れ岩多数。流れは楽しい。
が・・・始まってすぐに、ドカン!やられた。

大岩に激突!イテッ!   (HWCC I山さん提供)

痛い目にはあったけど、景色は抜群。流れも楽しい。雨は止んで、だんだんと青空も見えてきた。こんな景色はカヌーじゃないと見られない。
IMGP4354
IMGP4230
楽しい瀬もあり。
PA162955

IMGP9230
のんびり紅葉をながめる場所もあり。
沙流川ミニ例会 032
秋の一日楽しい川下りでした。沙流川、気に入ったかも。
--------------
こんなに綺麗な景色の川下りなのに、カメラを忘れるという大失態。みなさんの写真使わせもらいました。I山さん、ヒデさん、サダ吉さん。おおはしさん。マリオさん。ありがとうございます。



posted by kenji&kenjiの姫 at 15:10| 北海道 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | カヌー 北海道の川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kenjiさん家にしては珍しくかなりの衝撃沈ですね。こうめさん、衝突の瞬間に放り出されてますよね(笑)!家に帰って青タン見つけたりしませんでしたか?

それにしても沙流川の黄葉、見事ですね。
Posted by うぺぽ at 2011年10月23日 15:19
うぺぽさん。私は、すっ飛ばされている割には無傷で青タンもなし。なんかうまく受身ができたようです。(飛ばされ慣れてる?)

沙流川の黄葉ほんとに見事でした。こんなに綺麗な時に下ったのは、初めてかも。
Posted by kenjiの姫 at 2011年10月23日 15:29
見事な紅葉に、お見事な岩への体当たりですねぇ〜(笑)

大きな岩にわざと当たりに行ったようにみえますけどぉ〜・・・?

で、あれで船体は壊れないんですかぁ〜?
Posted by Haruppe at 2011年10月23日 17:02
お恥ずかしい!!!

あえて我が家は掲載致します。未熟です、画像の右側の大岩の手前左側に大きめの隠れ岩があるんです。動画を見るとわざとぶつかっててるように見えますが左側の隠れ岩をかわし右に進路を変えるつもりでしたが水の勢いが思ったより早くターンする前に激突しました。はっきり技術の未熟なのとコースの選択ミスです。皆さんの動画を見ると隠れ岩の左側を通過してました。

姫さんは青たんもなく無傷のようですが私の落ちた場所に岩があったのでしょう、わき腹あばら骨がひびでも入っているんでしょう。大きく呼吸をしても飛び上がるほど痛いですわ。もっと上手くなるように精進・精進。
Posted by kenji at 2011年10月23日 19:23
Kenjiさん、姫さん、お疲れさまでした!
ほんとうに川面から見上げる紅葉は素晴らしかったですね!
自分も、あんなタイミングで紅葉を見るのは初めてでした。
散り際の美しさなんですね。いつまでもダラダラじゃいけないと・・・(^^ゞ

沈の動画も見事です!(^^ゞ
先行したI山さん、私、N山さん、ヒデさんと、大岩の右コースを選びました。
あの場合、左に潜んでいる危険を考えると、右コースで良かったと思います。
カナディアンのタンデムで、勾配落差のある流れの先に障害物がある場合、
漕ぎ手の組み合わせで、右ターンと左ターンとでは、明らかに難しさの度合いが違います。
Kenjiさんのペア(バウマンが右漕ぎ、スターンマンが左漕ぎ)では、左ターンが上手くいきます。
私のペアも同じ漕ぎ手ですが、右ターンで、特にスターンマンに重心が寄っていると、いくらバウマンがドローを入れても、勾配のある流れの中では、フネは加速しながらスターンが押されて、フネの向きを変えられてもコースは変わりません。
実は私のペアも大岩にヒットして、沈寸前でリカバリーしてました。(^^ゞ
もしも左ターンだった場合、バウマンがクロスドローを入れて、スターンマンがドローでスライドしてコースを変えれば寸前で大岩をかわせたはずです。
ちょうどヒデさんペアが私たちとは逆漕ぎ手なので、右コースで上手くいきました。
では、どうしても我々が右コースで行きたい場合は2パターンです。
@バウマン、スターンマン共にリバースで流れより遅く瀬に入り、バックフェリーしながら右にスライドさせコースを変える。
Aバウマンはドロー、スターンマンはクロスドローを入れ寸前で大岩の右にかわす。
どちらもフネが流れの中で加速しているので、流れと同じ速さにならないようしっかり漕ぐことと、出来れば確実なスカウティングが大切です。
Posted by サダ吉 at 2011年10月23日 23:10
サダ吉さん。
詳しい説明ありがとうございます。
流れと共に加速してしまって、ノーコントロールになってしまったのが敗因ですね。もっと遅く入らないと。バウが左を向いたまま横にぶち当たってしまった。
この大岩のすぐ右に小さい隠れ岩がありましたよね。(kenjiは左って書いてますが、下流に向いて大岩のすぐ右だったと思う)
その隠れ岩を左からかわそうとして、その先の大岩を避けるのに間に合わなかったなあ。
しかし、良い勉強になりました。
私は、無傷ですが、kenjiは昨日寝返りを打ったら余計に痛くなったと言ってます。

しかし、沙流川良い川ですね。景色も流れも。
秋の沙流川、増水してなければ、恒例になるといいなあ。
Posted by kenjiの姫 at 2011年10月24日 06:42
あららぁ〜、お大事に!
Posted by Haruppe at 2011年10月24日 21:19
あっぱれ!見事な沈ですね〜!

すごいスピード出てますね(>_<)
突入時もそうですが、流れに対してカヌーが横向きになって更にスピードアップ!
潔すぎる沈ですが怪我がなくて良かったです。
あ、kenjiさんは痛いのですよね。お大事にしてくださいませ。

沙流川は去年下って私も大好きな川にランクインしました(^.^)素晴らしき透明度を誇る清らかなお水と自然の中で遊ばせてもらってると五感で感じる景色とニオイと。

あ〜、秋の風情はまた格別でしょうね。
Posted by ミエ at 2011年10月27日 11:17
ミエさん。
そうなんです。ノーコントロール(苦笑)
まあ、そんな事もありましたが、川の雰囲気はとても気に入りました。あんなに綺麗な紅葉を川から眺めることができて、カヌーやって良かったと思った瞬間でした。
Posted by kenjiの姫 at 2011年10月27日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。