2009年03月29日

ほくほく庵のおかみさんの手仕事

町内のうどんやの「ほくほく庵」。
開店時間の午前11時には開店待ちの車が続々とやってくる人気のうどん店だ。札幌から移転してから5年目になるのかなあ。
札幌に店があったときからごひいきで、長沼に移転と聞いてオープン準備中に場所を探して店を見つけたときはうれしかった。 中をのぞくとおかみさんの岡部さんの変わらぬ笑顔。
それから何度となく訪れている我が家から7キロのうどんやさん。
そのおかみさんが30日まで、同じ町内の絵本屋ぽこぺんで「日々のくらし」という個展を開いている。(明日で終わりですね)
20日の初日におかみさんの手仕事を拝見しに行って来た。

100_3750 
そこに広がるのは「ひで子ワールド」。いろんなものが楽しく丁寧に作られていて、なんだか温かい気持ちになってくる。
100_3739

100_3746.JPG 岡部さんの手仕事のメッセージです。クリックすると大きくなります。
捨てちゃうようなものにもちゃんと命を吹き込んで、日々使う道具として蘇らせてしまう岡部さん。すごいなあ。

100_3747 100_3749
この手作りのサンダルは息子さんが小さい時に手作りで履かせてあげたものだそうです。極貧の時代と書いてありました。 今はその息子さんも34歳。立派に成長してお店を手伝っています。
100_3748
この個展の開催場所の「ぽこぺん」もすっかり長沼の名所になったのかもしれません。
人気の農園レストランあり。おいしいうどんやさんもあり。
なかなか良い町じゃないですか。
私がこの町で迎える春も今年で8回目になりました。

posted by kenji&kenjiの姫 at 21:36| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これですね、話していたのは。
店内のメニューの文字とか、奥さんの字なんですね。ずっと前から感じていましたが、何かほっこりとセンス良いですよね。

手作りって、もちろん好きだから出来るんだろうけど気持ちの余裕が必要だなと思います。
Posted by NAOJI at 2009年03月30日 12:39
これです。これ。
メニューの文字とかインテリアとか手作りのものもたくさんあるようですよ。センスいいよねえ。

たしかに気持ちの余裕がないとねえ。できないです。
Posted by kenjiの姫 at 2009年03月30日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック