2005年12月01日

NEEDS―ふうど工房槲館

十勝はおいしいNEES ふうど工房槲館チーズがたくさん。あっちもこっちも行きたい所がたくさんあって・・・。
でも、チーズ工房にわざわざ出向くと言う旅ではなく、あくまでキャンプに行った先の近くにチーズ工房があったら訪ねるを基本にしたいので、 今回はここ!幕別町新和にある、『NEEDS ふうど工房槲館
 
ここのチーズは、あの有名な新得町の共働学舎の宮嶋さんプロデュースで作っているチーズのようだ。

NEEDSは、幕別町の新田牧場という大きな牧場にある「カシユニリゾート」という施設の中にあって、大きな槲(かしわ) の木がシンボルになっている。ここには、オーベルジュコムニというホテルもあったり、 レストランもあったりするちょっとお洒落な場所だった。訪れたのは11月14日月曜日。音別町のYAMANONAKAでキャンプをした帰り道だった。 少し本ルートから離れて農道の中を少し迷いながらたどり着いた。シーズンオフのためカフェも休業状態で、 チーズのショーケースもがらーんとしたものだった。チーズを買いたいと申し出ると店長の元気な女性の三浦さんは、 奥からたくさん出してくれた。
私にそれぞれの味の説明などをしてくれて、結局私は、コンテに似ているという「槲(かしわ)」を購入。店内の写真を撮らせてもらいながら、 道内のあちこちのチーズ工房を回ってみたいのだと言うと、奥からこんなものを出してきてくれた。十勝の地産チーズ
その表紙には、『十勝の“地産(ナチュラル)”チーズ−その世界。』と書いてある。 十勝のナチュラルチーズ工房10箇所がそれぞれA41枚に写真と説明入りで紹介されているリーフレットだ。 帯広商工会議所JAPANランドプロジェクト委員会が作成したものだった。帯広商工会議所では、 経済産業省のJAPANブランド育成支援事業として「ナチュラルチーズ支援事業」を取り組んでいる。十勝のナチュラルチーズというHPもあって、十勝のチーズについて紹介されている。
ありがたくそのリーフレットを頂いてきたけれど、中を見るとどれもこれもおいしいそうで、 それぞれこだわって作られたチーズたちが載っている。槲館の写真は、シンボルの大きなかしわの木と吊り下げられた「カチョカバロ」。 他の工房のチーズもそれぞれおいしそう。う〜ん、楽しみが増えた。頑張って!十勝!
 チーズ槲
『槲』はコンテに似た味わいという通り、ナッツの風味があってとても深い味がする。家に帰って少しずつ、少しずつと思いながら、 あっという間に食べてしまった。お気に入り!のチーズが一つ増えてうれしい 。この『槲』は、他の場所にはあまり出していないという事で、 直売か通販で買うしかないのかもしれないが、それがまたいいのかな。

槲は、100g 420円。他に水入りのモッツァレラチーズ、カチョカバロなどがある。

posted by kenji&kenjiの姫 at 09:51| ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 北海道のチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁度来週月曜あたりに帯広、釧路行く予定なので
時間あったらNEEDS ふうど工房槲館寄ってみようかな?
旨いものめぐりの出張も誰かさんの影響もあり、最近病み付きになってしまいました(^_^;)
Posted by akkun at 2005年12月06日 23:07
akkun。今度は道東出張ですか!
釧路まで行くんだったら、これはどう?
寄り道しないで済むし。
http://www2.odn.ne.jp/g-cheese/index.htm
白糠の道の駅に置いてます。
あと38号線沿いのレストランはまなすという食堂みたいなところで食べられるんだって。ここのレストラン、羊料理があったらぜひ食べてみて。この間、NHKで紹介されていたすごいうまそうな羊の肉を使っているらしいんです。
羊の肉は、こちら。
http://www.aurens.or.jp/hp/caution/
あっ、出張だったよね。
Posted by kenjiの姫 at 2005年12月07日 06:46
おっ!チーズ工房 株注f酪恵舎ですか…
白糠の道の駅は、今までトイレタイムに利用してましたが、全然気が付きませんでした。
レストランまでは多分寄れないと思いますが、道の駅の店舗は遅い時間帯だと閉まっちゃうのでなるだけ、早くに立ち寄ってみます(^_^)v
明日、明後日は中頓別〜稚内ですが、本当に仕事してるのか疑われちゃいそうですね
Posted by akkun at 2005年12月07日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

テネレッロ・シラリカ
Excerpt: イタリアのチーズの名前である。 なんとも舌がもつれそうな名前… 僕は酔ったら多分言えないと思う(笑) 今回の道東出張の際、kenjiの姫こと、こうめさんのご推薦のチーズ工房 ?白
Weblog: Hoedown
Tracked: 2005-12-14 22:27